ストーリーのある就労移行支援|アップル梅田

“あいさつ”のポイントとは?

calendar

reload

“あいさつ”のポイントとは?

ストーリーのある就労移行支援、アップル梅田です。

アップル梅田では毎週水曜日にJST(職場対人技能訓練)と
ビジネスマナー講座を隔週でリンクする形で実施しています。

今回は明日実施予定のJST訓練テーマ“職場でのあいさつ”
について記載したいと思います。

日々訓練を受けておられるメンバーの方には、
ネタバレになってしまいますが、予習の意味合いだと捉えてください(≧▽≦)

<あいさつをする時のポイント>

1、大きな声で、明るく言う。
2、言葉はゆっくり、はっきり言う。
3、明るい笑顔
4、しっかり相手の方をみる
5、少し大きめのジェスチャー、こころもち深く頭を下げる。
親しい人には、手で合図するのも良い。

↑は職場に限らず、あいさつをする場面で共通の基本となるポイントです!

さらに、細かなポイント項目を追記すると、

□ 好き嫌い関係なく、知り合いには必ずあいさつしましょう。
□ 相手より先に自分から言う意識を持ちましょう。
←ここで重要なことは、相手からのおかえしを求めないことです。
□ 短く言いましょう。
□ 習うより慣れましょう。何回も言ってみること!
□ ~しながら挨拶はNG。
←せっかくしっかりとした挨拶ができていても、例えば、
食べながら”
“スマホをみながら”“音楽イヤホンしながら”…等だと台無しです( ;∀;)
□ 年配の人、上司には「おはようございます」と丁寧な言い方をしましょう。
□ 「あけましておめでとうございます」などのお決まりのあいさつも重要。

等があげられるかと思います。

アップル梅田のJST訓練では、自分が困っていること、できるようになりたいこと
(例えば職場で、謝る、断る、相手に応じたあいさつをする等)をテーマに設定
します。

そしてどういう態度で、どんな声の調子で、どんな内容の言葉を言えばいいのか、
みんなでアイデアを出し合い、実際の場面のつもりで練習しています!!

そうすることで、人と接することが今までより少しずつ楽になり、
自分に自信を持つことができるようになってきます(^^♪

JSTSST)の目的> 人に自分の気持ちや考えを上手に伝えるようになること
JSTSST)の方法> みんなの前で練習する
(これをロールプレイといいます)

ただ、一度実践しただけで身につく人はけっしていません。
反復しながら慣れていくということも重要です!!

引き続き、皆さんと一緒に、就職に向け日々一歩ずつ頑張っていきましょう!!

最後までご覧いただきありがとうございます。 (#^^#

就労移行支援 アップル梅田では利用者様それぞれの状況に応じた個別の訓練プログラムの提案と就労前/就労後を含めた総合的な支援を実践しております。

大阪在住の方に限らず、見学/体験はどなたでもご参加いただけますので、気軽にお問合せください!

<投稿スタッフ:T>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。