ストーリーのある就労移行支援|アップル梅田

【本日の訓練】挨拶をするとき、どうしたらいいのか戸惑ってしまうケース

calendar

reload

【本日の訓練】挨拶をするとき、どうしたらいいのか戸惑ってしまうケース

こんにちは
ストーリーのある就労移行支援アップル梅田です。

復習になりますが、【あいさつ】って、本当に大事ですよね

挨拶がなければ、少しモヤっとする方もおられるのではないでしょうか?
また、その後もその場に居づらくなったりしますよね。

挨拶ができていれば、その後の関係も良好に保てますね。
挨拶がないだけで、非常識だと思われてしまう事も少なくありません。
それだけ挨拶は重要なんです。

また、挨拶は朝の出社時だけではありません。
今回は<どうしたら良いのか戸惑ってしまうケース>を紹介します。

1つ目 所用で職場を離れるとき
~急に無言で立ち上がり、出ていかれた時~
これだと、
「どこに行ったのか?」「いつ帰ってくるのか?」
と思いませんか?

「○○に営業に行くので、戻りは15時頃になります」
と伝えてから出るのでは全然違いますよね?
これだと相手も、安心できますね。
 場所を伝えておけば、聞いた側も戻る時間を想定できるので、

2つ目 相手が忙しそうなとき
 声をかけられない場合には会釈がいいですね。
 相手が落ち着くのを待ってから挨拶してもいいですね。
 どうしてもできない場合には、挨拶をしないということもありますが、
なるべく避けたいですね…

3つ目 同じ日に何度も会う場合
二回目もおはようございますだと、「え?さっきもあったのに…」
となりますよね。
そういう場合には、
 「よく会いますね(笑)」だったり、「また会いましたね」というのもいいですね。
 「お疲れ様です」というのもいいですね。
 会釈も使えます。

このように、会釈「お疲れ様です」は基本的に時間に関係なく使えるので、
ガンガン使っていきましょう(笑)

どうでしたか?
あなたは挨拶がしっかりとできていますか?
できてなかったかもという方は今からしていきましょう!

挨拶ができるというのは、関係を良好に保つためだけじゃなく、
後々のコミュニケーションだったり、社内の雰囲気にも影響するので、
しっかりとしていくように心がけてください!(^^)!

「おはよう」「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるのは当たり前のことです。
当たり前が当たり前にできるようにしていきましょう。

 

就労移行支援アップル梅田では大阪在住の方に限らず、
見学/体験は随時受け付けておりますので、
少しでも気になりましたらぜひお越しください!

また、利用者様それぞれの状況に応じた
個別の訓練プログラムの提案と就労前/就労後を含めた総合的な支援を実践しております。

相談だけというかたも、まずはお電話ください(*^-^*)
スタッフ一同安心できる、気兼ねなく質問できる雰囲気作りを心がけております

気になるけど…という方も、一度勇気を出してみてください。
もしかしたら、可能性が広がるかもしれませんよ?

ここまで読んでいただきありがとうございました。
それではまた次回にお会いしましょう(‘ω’)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。