ストーリーのある就労移行支援|アップル梅田

【本日の訓練】コンセンサスゲーム

calendar

こんにちは
ストーリーのある就労移行支援アップル梅田です。

本日はコンセンサスゲームを行いました。
コンセンサスとは?
日本語で「合意形成」と言います。
合意形成とは? ⇒ 色々な意見を一つにまとめていくことです。

個人でのワークの後、4人ずつに分かれ、グループで話し合っていただきました。

今回行ったコンセンサスゲームはNASAで行われている
「月で遭難?!」というネットで公開されているゲームです。

月で遭難後、300km離れた母船とランデブーするために、
限られた10の資源を重要度順に1からランクを付けていくゲームです。

これは、グループ内で話し合いをし、メンバー全員が納得できる決定をする
グループディスカッションの一つです。

自分でつけた順位と違う場合、グループで話し合い、意見を一致させる必要があります。
ここで、コンセンサスゲームにおいて、大切な4つのルールがあります。
① 自分の意見を大切に
② 他人の意見も大切に
③ 納得したら変える
④ 変えたら伝える     を念頭に置いて話し合いをしていただきました。

納得したら変えるというルールがあるので、
納得させるプレゼンが出来れば全て自分の思い通りに順位を付けられます。
なので、プレゼン力も必要になってくるんですね。
みなさん、それぞれの考えを元にプレゼンをしっかりされていました。

そしてグループワークでは、
普段話さない方と話すことが出来て良かったとの声を頂きました。
最初は緊張していた方もたくさんおられましたが、自分の意見をみなさんしっかりと持っていて、かなり長い時間話し合いしておられました。

こんな感じです↓

今回のワークでは、
「みんなで話し合うことは意義のあることだ」と認識できたんじゃないかと思います。
また、このテストは、手持ちの資源で何ができるかを考えることで、限られた条件で生き抜く上での大切な知恵を養うことが出来るそうです!(^^)!

① 重要さの順序を考えるという発想
② 違う用途に活用できないかという発想
③ 邪魔になる資産は、あえて捨てる覚悟をする発想
を刺激するうえで、役立つテストなんだそうです!

そして今回のワークは、コンセンサス(合意)を得ることの難しさを体感することです。人によって価値観はバラバラですね。

その中で他人の価値観を受け入れることの難しさ
自分の価値観を納得できるように説明することの難しさをメンバーさんには体感していただけたのではないでしょうか?

今回のグループディスカッションはあるメンバーさんの「やりたい」を元に
行いました。次回もやりたいと言っていただけたので、もしかしたら、また行うかもしれません!(^^)!
その時にはブログに書きますので、ぜひまた読んでください(*´ω`*)

今回行いました「月で遭難?!」はコンセンサスNASAで調べると出てきますので、是非行ってみて楽しんでください(‘ω’)ノ

就労移行支援アップル梅田では大阪在住の方に限らず、
見学/体験は随時受け付けておりますので、
少しでも気になりましたらぜひお越しください!

また、利用者様それぞれの状況に応じた
個別の訓練プログラムの提案と就労前/就労後を含めた総合的な支援を実践しております。

相談だけというかたも、まずはお電話ください(*^-^*)
スタッフ一同安心できる、気兼ねなく質問できる雰囲気作りを心がけております

ここまで読んでいただきありがとうございました。
それではまた次回にお会いしましょう(‘ω’)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。