ストーリーのある就労移行支援|アップル梅田

【ビジネスマナー】笑顔で人と接する!!

calendar

ストーリーのある就労移行支援、アップル梅田です。

アップル梅田では毎週水曜日、JST(職場対人技能訓練)と
ビジネスマナー講座を隔週で実施しています。

先日は職場で【感謝の気持ちを伝える】をテーマにJST訓練を
行ないました。

場面設定は、後輩社員から先輩社員へ感謝を伝えるパターンと、
逆に、先輩社員から後輩社員へ感謝を伝える2パターンでした。

感謝の気持ちを伝えるポイントは細かくみると沢山ありますが、
今回は2つに絞って練習しました。

<感謝の気持ちを伝える際のポイント>

① 相手の目を見て、笑顔素直に一言「ありがとう」と伝える!
② 感謝している内容を具体的に伝える!

ここで重要となってくるのが、“笑顔”で伝える!という部分です。

少し前置きが長くなりましたが、今回はこの“笑顔”について、
対人関係でどう重要なのかを一緒に考えてみましょう!

【良い人間関係を作るには笑顔で接すること】

相手から笑顔で話しかけられて、思わず自分も笑顔で応えたという経験
ありませんか?

誰でも他人から笑顔をプレゼントされれば、自分が認められ、その相手から
好かれていると感じ、気分が良くなると思います。

良い人間関係を築きたければ、心からの笑顔を相手にプレゼントすることは
とても効果的です。

ただ、自分では笑顔で接しているつもりでも、相手から見ると笑顔に
なっていなかったり、表情が硬かったりすることはよくあります。

表情だけつくろい、目が笑っていない“作り笑い”は相手にすぐ伝わりますし、
場合によっては逆効果になることもあります( ;∀;)

自分の笑顔を鏡で見て、少しいまいちだなと感じたなら、笑顔の作り方を
練習してみてはどうでしょうか。

代表的な笑顔を作る練習法がありますので、ご紹介しますね(^^♪

【笑顔を作る3つの練習方法】

① ウィスキーと言う
→ こちらは有名な笑顔の練習法で、すごく簡単。『ウィスキー』と言うだけ。
ポイントは大きな口を開けてゆっくりと言うこと!大きな口でゆっくり言う
ことで表情筋が大きく動きます。毎日30回程度行なうだけで、固くなっていた
筋肉が柔らかく鍛えられ、自然な笑顔になります!
最後の『キー』は文字のとおり、伸ばして言うと更に効果的です。

② 「い」と「う」を繰り返す
→ 笑わずに、大きく口を開けて「ういうい」と言います。
ポイントは「い」の口の形です。「い」というときに下唇を上の歯の下側に
沿わせるようにします。鏡をみてやってみると前歯だけが見えるはずです。
もし見えない場合は、口の開け方が足りません。
前歯が見えたら、左右の口角をぎゅっと上にあげると笑顔になります。
前歯は6本、出来れば8本見せるのが理想です!

③ 笑顔をキープする
→ 「ういうい」と30回程度繰り返したら「い」の口の形で止め、口角を
ぎゅっと上にあげて、笑顔を作ります。そしてそのままストップ!
1分間笑顔のまま我慢します。どうですか??
おそらく多くの方が、ほっぺたがプルプルしてくると思います(≧▽≦)
これは笑顔を保つための練習です。続けることで、会話中も笑顔でいられる
ようになります。

最後に、素敵な笑顔になるための最大のポイント
それは「心の底から笑う」ことです!!

笑顔の作り方を練習すれば表情は作れるようになります。

ただ冒頭でも触れましたが、目が笑わず、口だけが笑っているような
“作り笑い”は見ればすぐ分かってしまいます・・・((+_+))

本当の笑顔は口角が上にあがり、ほっぺたが膨らみ、目じりが下がり
笑いしわが出来ますよね?

心の底から笑うと自然とそんな笑顔になります(^-^)

良い人間関係を作るために欠かせない“笑顔”について、
皆さんどう感じられましたか?

何事もそうですが、昨日今日で出来るようになることは少ないです。

「継続は力なり」
引き続き、皆さんと一緒に、就職に向け日々一歩ずつ頑張っていきましょう!!

最後までご覧いただきありがとうございます。 (#^^#

就労移行支援 アップル梅田では利用者様それぞれの状況に応じた個別の訓練プログラムの提案と就労前/就労後を含めた総合的な支援を実践しております。

大阪在住の方に限らず、見学/体験はどなたでもご参加いただけますので、気軽にお問合せください!

<投稿スタッフ:T>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。