ストーリーのある就労移行支援|アップル梅田

【ビジネスマナー】会話の基本的な心得

calendar

ストーリーのある就労移行支援、アップル梅田です。

アップル梅田では毎週水曜日、JST(職場対人技能訓練)と
ビジネスマナー講座を隔週で実施しています。

今回はビジネスマナー【会話の基本的な心得】について
記載したいと思います!

まず前提として、ビジネス会話は、家族や友人との軽い会話
(単なるおしゃべり)とは違います。

相手にとって“分かりやすく”、“具体的に”、“簡潔に”話すことが基本
となります!

まず、会話をするにあたっての基本的な心得として以下があります。

① 言葉遣い
目上の方と話す場合、言葉遣いに気を使う事はもちろん重要ですが、
敬語が使いこなせなくても、丁寧な言葉を心がける事で好感を得る事はできます。

② 姿勢
背筋を伸ばし、相手の目をみて話します。
姿勢をよくする事で声がこもりにくくなります。

③ 声のトーン
日頃より少し高めのトーンを意識して話すと、明るい印象を与える事ができます。
また、語尾をはっきりさせる事を意識すると、聞き取りやすくなります。

④ スピード
言葉が明確になるように、聞き取りやすいスピードを心がけましょう。

⑤ 相づち
相手の話を聞きながら相づちを打ち、話に興味がある姿勢を示しましょう。

次に、ビジネス会話に必要なマナーを以下にまとめました!

① 6W2Hを考えて話す!
6W2Hとは「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(だれが)」「What(何を)」
Whom(誰に)」「Why(なんのために)」「How(どのように)」「How Much(いくらで)」
ということを指します。
この6W2Hに注意して、要点をまとめて話すと相手に伝わりやすくなります。

② 結論から話す!
ビジネスの現場ではスピードが求められます。まずは「結論」述べ、必要があれば
その理由や意見などを述べる
ようにします。

③ 相手の理解度を確認しながら話す!
ビジネスでの会話は、相手が必ずしも自分の話を積極的に聞いてくれる
というわけではありません。
自分の話に耳を傾けてくれるように相手が興味を持つような話題を盛り込んだり、
表情豊かに会話をすると
効果があります。

④ クッション言葉を使う!
クッション言葉とは、相手に対してお願いをしたり、反対意見を述べる、
拒否をする場合などに使う言葉です。
上手に活用することで相手に対して優しい印象を与えることができます。

⑤ 大きな声ではっきりと話す!
小さい声は自信がないように聞こえます。また、文章の語尾を曖昧に発音すると
印象がよくありません。
声はできるだけ「はっきり」かつ「語尾までしっかり」と話すようにしましょう。

クッション言葉については、少しだけ具体的な参考例を記載してみます(^^♪

【クッション言葉の使用例】
※これらはあくまで一例です。その他にも色々ありますが、ご参考まで!!

尋ねるケース
・差し支えなければ~ ⇒ 差し支えなければ、教えてくださいませんか。
・失礼ですが~ ⇒ 失礼ですが、どちら様でしょうか。

断るケース
・残念ですが~ ⇒ 残念ですが、今回は見送らせていただきます。
・申し訳ございませんが~ ⇒ 申し訳ございませんが、ご要望に沿いかねます。
・あいにくですが~ ⇒ あいにくですが、持ち合わせがございません。
・せっかくですが~ ⇒ せっかくですが、ご辞退申し上げます。

頼むケース
・お手数ですが~ ⇒ お手数ですが、折り返しご連絡いただけますでしょうか。
・恐れ入りますが~ ⇒ 恐れ入りますが、お伝え願えますでしょうか。
・申し訳ございませんが~
申し訳ございませんが、席を譲っていただけませんでしょうか。
・よろしければ~ ⇒ よろしければ、ご参加いただけますでしょうか。
・ご都合のよい時で構いませんので~
ご都合のよい時で構いませんので、ご連絡いただけますでしょうか。
・お手を煩わせますが~
お手を煩わせますが、資料を送っていただけますでしょうか。

何度もお願いしてしまったケース
・重ね重ね申し訳ありませんが~
重ね重ね申し訳ありませんが、もう一度お送り願えますでしょうか。

皆さん、ビジネス会話についてどう感じましたか?
普段の友人らとのおしゃべりと比べると非常に奥深いですよね(≧▽≦)

「難しいな・・・」
「自分には出来そうにないな・・・」
「めんどくさそうだな・・・」と思われた方もいるかと思います。

でも安心してください!
最初から完璧に出来る人は誰もいません。

私も社会人デビュー時は、恥ずかしい失敗を数多くしました(≧▽≦)
誰もがそうした経験を経て、徐々に習得し、気付けば自然と出来る
状態になっていきます!!

アップル梅田のビジネスマナー/JST訓練では、知識面と実践面を
反復・継続して行っていきます。

本格的な就職活動を向かえる時には、自然とビジネスシーンにおける
立ち振る舞いが出来るようになっていきますので、引き続き、
就職に向け日々一歩ずつ頑張っていきましょう!!

最後までご覧いただきありがとうございます。 (#^^#

就労移行支援 アップル梅田では利用者様それぞれの状況に応じた個別の訓練プログラムの提案と就労前/就労後を含めた総合的な支援を実践しております。

大阪在住の方に限らず、見学/体験はどなたでもご参加いただけますので、気軽にお問合せください!

<投稿スタッフ:T>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。