ストーリーのある就労移行支援|アップル梅田

【SST】ストレスの対処法

calendar

reload

【SST】ストレスの対処法

こんにちは
ストーリーのある就労移行支援アップル梅田です。

木曜の午後はSSTです。
第6回目は<ストレスの対処法>です。

ストレスをうまく対処できていますか?

火曜日のグループディスカッションの時間に
ストレスはどんな時にどんな風に感じる?をテーマに自由に意見を交換していただきました。
人それぞれストレスに感じることは違い、どのくらい痛みを受けるのかも違うことがわかればいいな
と思っていました。

実は、同じ意見や似たような意見が出てきたのです。
それは「人の輪が気になる、入れない」です。いつも遠巻きでいて、心の中では入りたいと思っていたのですね。
この出来事を使ってSSTを進められないかなと思ったのが今回のSSTです。

まずはストレスとはどんなものなのか、例えると「ダム」のようなものですね。

ストレスの対処法は
1、原因そのものを取り除く~相手にアサーションを使ってみる
2、受け止め方を変える~考え方のくせ
3、ストレス反応を鎮める~リラックス、気晴らし
4、人の力を借りて対処する~第3者に相談する

なんて書かれてもわかりませんよね。

実は今回は恥かしながら私のお昼休みの出来事を
”保温ジャーのふたが開かなくて困った”
時の様子をロールプレイしました。

私が本気で困っていたときに差し伸べてくれた、心優しき利用者さんたちとスタッフの会話をそのまま。
いろんなアイディアを出してくれる様子です。

なんか楽しそうだな~。と気になるものの
でもその陰に、遠巻きで見ていた人たちも存在していました。
入りたくても入れない。だから見ないでいよう。
もしかして、ぼくの悪口を言っているのではないかと疑ってしまうのですね。

ロールプレイの時には頭の上で思い浮かんだかなと吹き出しも作成しました。
今の状況で、悪口聞こえましたか?聞こえませんね。なんか騒がしいな。ぐらいでいいのです。
ではどうやったら入れると思いますか?

ロールプレイで輪の中に入ってきた人たちはみんな「どうしたの?」って入ってきました。
それはきっとなにをやっているんだろうと興味をもって一歩進んできてくれたんだと思います。
だからどうしたのって入ってきて、うんうん、そうなんだ~。大変だね。でいいのです。

来週までに、相手の話に興味をもつ。という御題をだしました。
その日の昼休みはとても賑やかでしたね。

就労移行支援アップル梅田では大阪在住の方に限らず、
見学/体験は随時受け付けておりますので、
少しでも気になりましたらぜひお越しください!

また、利用者様それぞれの状況に応じた
個別の訓練プログラムの提案と就労前/就労後を含めた総合的な支援を実践しております。
相談だけというかたも、まずはお電話ください(*^-^*)
スタッフ一同安心できる、気兼ねなく質問できる雰囲気作りを心がけております
ここまで読んでいただきありがとうございました。
それではまた次回にお会いしましょう(‘ω’)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。